ショッピング枠現金化における特定層への優遇

ショッピング枠現金化における特定層への優遇

お世辞にも他社との甲乙が付けられるデザインやサービス内容では無いショッピング枠現金化のお店たち。

 

もちろんAmazonギフト券を取扱うお店も同意義を成している事を理解してください。

 

基本的な目的が与信枠を換金する行為の助けをしている為に、掲載される仕組みの説明やよくある質問集、さらにはサイト構成まで似たり寄ったりで明らかにパクっているとみられるお店も存在しています。

 

例に挙げますと、スマイル○フトのTOPページをキャッ○ュロードという後発のお店が見事に「佐野って」います。

 

これだけの業者数があれば、他と被らないように言葉やデザインを考えるのは面倒くさいのかもしれませんが、当事者はどのような心境なのでしょうか?特にこのようなサービスですから、どんな方が運営を行っているのか分かりませんので、ひょっとしたら同一経営者によるお店なのかもしれません。

 

こうした中でも、他社との差別化を目指している表現がいくつか確認する事が有りますが、その中で代表的な例をいくつかピックアップしたいと思います。

  1. 女性スタッフ対応
  2.  

    これは特に最近になって現われたタイプで、サイトデザインに女性が取り入れられている事はよく有りましたが、実際に応対する方が男性では無く女性が対応するところが増えてきております。

     

  3. Amazonギフト券Eメールタイプ
  4. これだと利用規約違反では無く大丈夫です、という意味不明な対応をされたコトがありますが、媒介物が変わっただけで目的は同じですから・・・同じです、残念!

     

  5. 法人専門
  6. 広告の規制が強い現代において、一般的な集客に見切りをつけた業者が名簿を利用したり、ネットにおきましては特定キーワードを精査してリスティングに出したりしている様子で、電話番号を検索すると迷惑電話に関するコメントを見ることがあります。

     

    目新しいアプローチとしてはこのような例で、他にも従来からの方法も存在しています。

     

  7. プラン別の申込みフォーム
  8. これは還元か買取か選択させる事が目的であり、時間を要する買取にわずかばかりの換金率を付与させ、急いでいる顧客には即日プランを選択させて納得させるという戦略。

     

  9. 性別・年齢別優遇
  10. レディースプラン・シニアプラン・・・実社会でも用いられているメニューですが、困っている悩みは誰もが同じで有り、根本的にトータルで換金率が高い方が良心的と言えるのではないでしょうか。

以上、特定層への優遇を図る事が消費者目線から見ると一目瞭然では有りますが、根本的に比較検討者をどのようにして申込みをさせようかという考え方の元にサイト構造やデザインは作られているのですから、むしろこうしたコトが垣間見えるお店は遠慮したほうが良いのかもしれません。