一部の人間の屑がショッピング枠現金化を求めている

一部の人間の屑がショッピング枠現金化を求めている

健全な頭と社会人としての適切な器量を持ち合わせていれば、ショッピング枠現金化なんて利用する事はないでしょう。

 

なぜならば、例えAmazonギフト券を介した方法が「なぜか」健全性をアピールして積極的なリスティング広告やポイントサイトへの出稿を確認することが出来ますが、これはとんでもない勘違いで有る事に気付いている人は業界関係者しかいないのではないでしょうか。

 

媒介物を変えたからホワイトな金策ですよ、となりますか?なりませんよね〜。

 

WEBという特性上、匿名の高さと一つのディスプレイ上に決められた枠の中で情報が詰まっているようにしか見えないんです。

 

だからWEBサイトによって発信する情報が異なり、同じサイト上でたくさんの視点で情報が掲載されている事なく、特に利用する事を推奨する業者や比較サイトばかりが目立ちます。

 

当サイトで紹介する比較サイトでは、そのような状況に一石を投じるもので、デメリットやリスクについても述べられた内容となっています。

 

基本的にショッピング枠現金化を利用する事を推奨されることはあってはならない事であり、それは周知の事実であります。

 

しかし、好き好んで選択する方も多いようで、そんな方々の目的や状況は下記の様な方々です。

  • 家族にはバレたくない
  • 他人名義のモノをどうにか換金したい
  • 貸金業の審査で調べられたくない事がある

さらには、お店側を騙してやろうと最初から支払いの抗弁を申し立てるつもりや、滞納することを前提にした利用者もいるようで、そういった人物は失うものはあと命くらいしか無い人たちなのでしょうか?クレジットカード会社も当然代行会社に抗弁を申し立てるでしょうから、お店側としても厄介な事例です。

 

グレーですからこのような迷惑客の行為を相談できるはずも無く、おそらく業者として泣き寝入りするしか無い可能性が想定されるからこそ、多くのショッピング枠現金化業者では電話対応が基本軸とされている要因かと想定されます。

 

元店員が運営されているサイト運営者に営業の実態について問い合わせてみますと、 中には男性が女性名義で利用をしようとし、頑張って女声をしているドアホもいるよ、と教えてくれました。

 

世の中にはいろんな人がいるとは思いますが、いい大人がここまで落ちぶれてしまうと、このサービスを検討している人は本当に情けないと感じませんか?