Amazonギフト券でショッピング枠現金化を業とする店が増えている

Amazonギフト券でショッピング枠現金化を業とする店が増えている

これまでにショッピング枠現金化と言えば、貴金属や金券類、情報商材やブランド品などが媒介される代表的な品々でしたが、Amazonギフト券を取り扱う専業業者の数が、従来の業者と比べても同数と言えるくらいに急増中です。

 

そもそもこうした商売を始める為には、ただ単純にホームページを一つ用意すれば良いというワケでは無く、換金対象物を模索しなければ、空決済からの現金振り込みでは出資法違反として逮捕されることが実際に過去に有りましたので、空決済では確実に違法として裁かれるコトになります。

 

実際に商品が存在し、現金を振り込みする際の体裁を築き上げる必要があるなかで、初めて還元もしくは換金の仕組みを取り入れると推測されます。

 

これまで申込み者がクレジットカード決済を行うために決済代行会社を利用するしか方法は有りませんでしたが、当然ショッピング枠現金化を業態とする者に対して決済をさせる代行業者など存在しません。

 

グレーな商法であるコトに加え、こうした参入に対するハードルが非常に高い事から、PayPalという海外から近年日本に進出してきたサービスを用いてお店を開いていたところもありましたが、恐らく騙して契約をしていたのでしょう・・・次第にこの決済代行サービスを利用していたショッピング枠現金化業はアカウント停止の処分で続々と消えていきました。

 

PayPalで運営していた業者は、商品券もしくは情報商材のキャンセルを手順として用いられていましたが、次第にAmazonギフト券の買取に移行することで営業を再開した模様です。

 

しかし、なぜここまでこの金券に皆注目を集めているのかと言いますと、業者側からの視点で物事を考えていきますと消費者目線からでは無くやはり業者側に数多くのメリットを生み出す仕組みであることが分かります。

 

決済代行会社が不要
決済に関わるトラブルはAmazonが対応
古物商としての体裁が取り易い
利用者に新しい切り口で集客が出来る

 

上記4つが目立つ項目で、とにかく申込み者がAmazon側で管理されるアカウントを利用し、その中でクレジットカード決済を行うワケですから、これに買取業者は関与する事が有りませんので、支払いの抗弁や例え不正利用されていたとしても、業者がそのような手間やリスクを被る可能性が0%になります。

 

お店としても買い取った品物をお金に換金しなければならないのですが、その場所は数多く存在しており、一昔前までは片手間の数だった換金所が、大小含めましても10社前後まで存在しておりますので、出品先が豊富、かつ世界的認知度を誇るショッピングモールですから、そこで利用できる金券が割り引いて購入できるという買い手の需要を考えましても、捌けやすく優秀な媒介物として悪用されています。