2017年05月

ショッピング枠現金化業者を絞り込んでいくにあたっては、とにかく情報が必要ですが、その中でも特に重要なのがやはり実際に利用した方の口コミ情報です。

 

しかしながら、業者の口コミを鵜呑みにすることは危険であり、中には自作自演の口コミもあることから、内容を細かくチェックしていかなければいけません。

 

何を持って優良、悪徳と言っているのか

 

ショッピング枠現金化業者の口コミにおいては、その人が何を持って優良としているのか、何を持って悪徳としているのかを見ていきましょう。

 

細かいことを書いておらず、「ここは優良です」「ここは悪徳です」だけの口コミではほとんど役には立ちません。

 

どのような状況でそのショッピング枠現金化業者を利用してどのような対応をしてもらったのか、どういう条件の中で最終的にはどういう結果になったのか・・・こういったところを記載してくれている口コミを見ていきましょう。

 

口コミの書き方は人それぞれではありますが、やはり自分が何かを選ぶ立場になったときには利用した詳細を細かく書いてくれている口コミのほうが役に立つものです。

 

ひとりひとり受け取り方が違うからこそおかしな口コミも出てくる

 

口コミの中には、ハッキリ言ってクレーマーレベルのものもあり、「自分では絶対に90%の換金率に行くと思ってたのに80%の換金率だった!ここは悪徳業者だ!」など、こういう口コミがあったとして、これは言うまでもなく口コミを書いた人に問題があります。

 

要は受け取り方の問題ですが、逆に、「換金率は50%以下だったけど、問い合わせのときの言葉遣いが綺麗だったからここは優良です」といった口コミも、当然問題ありということになってくるでしょう。

 

基本的に利用者にはそれぞれの考え方がありますし、受け取り方も違いますので、だからこそ、客観的に見たときに絶対おかしい口コミというのも出てくるはずです。

 

言うまでもなく、そういう口コミは参考にしてはいけません、もちろん、その口コミから業者をある程度分析することもできるかもしれませんが、普通とは大きくずれた受け取り方をしているという時点でその人の口コミというのは参考にならないでしょう。

 

むしろ、これからいろいろな口コミを見て判断していく中で、邪魔になってしまうかもしれませんので、おかしな口コミに関しては排除した上で、他の口コミをチェックするようにしましょう。

続きを読む≫ 2017/05/17 14:58:17