ショッピング枠は誰のもの?

ショッピング枠は誰のもの?

人様のモノを勝手に拝借することはいけないことだということは誰しもが知っていることで、いけない、という倫理観的な話もそうですが、そもそも犯罪になる行為です。

 

例えそれが、後で返そうと思っていた、と抗弁を垂れても、勝手に持って行ったことに対しての罪から免れることはできません。

 


 

さて、これを踏まえた上で、ショッピング枠現金化を考えてみます。そもそも、クレジットカードのショッピング枠は誰のものでしょうか?

 

クレジットカードを発行してもらってショッピング枠を付与された、利用者の所有になるのでしょうか。

 

残念ながら違います。ショッピング枠はクレジットカード会社のものであり、利用者はあくまでそのショッピング枠を利用する権利があるというだけで、ショッピング枠を所有しているわけではありません。

 

では、ショッピング枠を利用して購入したものは誰のものでしょうか?実は、これもクレジットカード会社の所有物です。

 

クレジットカードで商品を購入すると、その商品の支払いはクレジットカード会社が立て替えてくれます。その支払いを分割やリボ払いでクレジットカード会社に行っていくわけですが、支払いが終わるまでは商品の所有権はクレジットカード会社にあります。

 


 

ショッピング枠はクレジットカード会社のものなので、利用方法にも制限を課すことができます。

 

ショッピング枠現金化は正に禁止されている利用方法で、利用規約にもしっかりと書いてあります。

 

冒頭で、人のモノを勝手に拝借してはいけないという話をしましたが、ショッピング枠現金化は勝手にクレジットカード会社のショッピング枠を現金に換えてしまっている行為になります。

 

これが発覚すると・・・はい、もちろんクレジットカードが利用停止になります。

 

ショッピング枠現金化をしていると認定されると、その支払いを一括で請求されます。

 

約束を破った人に対して、分割やリボ払いで〜なんて言われて、はいわかりましたというところはありません。

 

ましてやちゃんと支払いはするつもりだった、といっても、勝手に現金にしたこと自体が咎められているので、そんな子どものような言い訳が通用するはずがありません。

 


 

ここで注目したいのは、現金に換えていることが発覚すると、というところです。

 

通常のショッピングとしてクレジットカードを使うのであれば何の問題もなく、支払いもしっかりとすればいいだけです。

 

ショッピング枠現金化は支払いが終わるまで、ということを肝に銘じておきましょう。

関連ページ

『ショッピング枠現金 935』という謎の検索ワード
ショッピング枠現金化を調べようとした際に、予測検索ワードに『ショッピング枠現金 935』とひょうじされているのを見たことはありませんか?このワードは 一体どんな意味があるのでしょうか。
ショッピング枠現金化の大博打、新幹線の回数券を使う?
ショッピング枠現金化で一番還元率・換金率が高いのは新幹線の回数券を利用する方法ですが、その還元率・換金率は驚異の90%超が見込めるかもしれませんが、ある意味博打です。