ショッピング枠現金化の大博打、新幹線の回数券を使う?

ショッピング枠現金化の大博打、新幹線の回数券を使う?

ショッピング枠現金化で一番還元率・換金率が高い商品を知っていますか?

 

何を隠そう、それは新幹線の回数券です。

 

ショッピング枠現金化で還元率・換金率をよくする、かつショッピング枠現金化業者を使わずに自分で行う方法は新幹線の回数券を使う方法です。

 

この方法のメリットは、何をおいても還元率・換金率が高いことで、その還元率・換金率たるや余裕の90%超、並みのショッピング枠現金化業者でこの数字を出せる業者はまず存在しません。

 

また、ショッピング枠現金化業者という、悪徳業者も存在するような業者に電話番号やメールアドレスなどの個人情報を渡さなくても、新幹線の回数券を使えば自分でショッピング枠現金化できるということもメリットです。

 

手順としては、まずクレジットカードで新幹線の回数券を買います。

 

この時購入する新幹線の区間は人気のある区間を選ばなくてはいけませんが、最も需要が多いのは東京〜新大阪の間の区間です。

 

おそらく出張などで頻繁に東京と大阪を行き来するビジネスマンにとって、少しでも安く新幹線に乗るために金券ショップでの需要も高いのでしょう。

 

さて、東京〜新大阪間の新幹線の回数券をクレジットカードで購入できたら、金券ショップに持っていきましょう。

 

還元率・換金率は余裕の90%超の価格で買い取ってくれるはずです。

 

これでめでたくショッピング枠現金化で還元率・換金率90%以上での取引ができました。

 

となればいいのですが、実際のところ、まずクレジットカードで新幹線の回数券が買えるかどうかが怪しいところでしょう。

 

なぜかというと、クレジットカード会社がショッピング枠現金化を防止するために、新幹線のチケットの購入に制限をかけていることが多いからです。

 

ショッピング枠現金化をするなら、誰でも還元率・換金率は高いほうがいいはずですが、みんながみんな新幹線の回数券をクレジットカードで買って売って・・・はしてないですよね?

 

換金性が高いということは、ショッピング枠現金化をしているのではないかとクレジットカード会社から疑われるからです。

 

例えばこんな話があります。

 

ショッピング枠現金化をするためにクレジットカードで東京〜新大阪間の新幹線の回数券を購入した人がいました。

 

その人は東北在住ですが、どうも東京や大阪でクレジットカードを使っている様子はありません。

 

クレジットカード会社はこの人がショッピング枠現金化のために新幹線の回数券を購入したとしてクレジットカードを利用停止にしました。

 

還元率・換金率が高い分リスクも高い、正に新幹線の回数券でのショッピング枠現金化は大博打であるでしょう。

関連ページ

『ショッピング枠現金 935』という謎の検索ワード
ショッピング枠現金化を調べようとした際に、予測検索ワードに『ショッピング枠現金 935』とひょうじされているのを見たことはありませんか?このワードは 一体どんな意味があるのでしょうか。
ショッピング枠は誰のもの?
クレジットカードのショッピング枠は誰のものでしょうか。クレジットカードを所有している人は、さも自分のモノだと考えている人がいるかもしれませんが、それはクレジットカード会社のものです。