2015年10月

ショッピング枠現金化で換金したとしても100%以上の換金率で実現できることは不可能です。

 

淡い期待を持って各比較サイトを探している方は時間の無駄であり、仕事として事業内容として運営されているサービスのほとんどは営利目的なワケですから、「実は良い所があるんじゃないか?」と考える事自体が既に破滅への道を歩んでいる証拠です。

 

第三者に依存する事で解決を目指す心構えこそ、解決に到ることはあり得ません。

 

全ては自分の行動から招いた事象が現在なのですから、明日明後日、来年、未来の人生を明るい生活を送る為には今どのように行動をするかが大切であり、それには多少の痛みや我慢が必要になります。

 

人生綺麗事だけじゃないですからね。

 

なるべく金策をしない為に自分で何が出来るか考えていますでしょうか?実は自分に甘いだけで実行していない事って結構あると思うのですが、私も借金にまみれた経験がありますので、私がプライドを捨てて実行した例をいくつかご紹介していきましょう。

  • 転職
  • 給与が低い事で満足な生活を送る事が出来ないと考えた私は、全国でも数少ない職業に就いていましたが、夢でもあった職を諦めて現実を見据えることを選びました。

     

    収入の中で生活を送らなければいけないのですから、その上限となる収入は少しでも多い方が良い生活環境を手に入れる事が容易になりますので、田舎で働くよりも都会に出た方が賃金は高くなる傾向に有る事は間違いが無く、上京を決断しました。

     

  • 引っ越し
  • 固定支出項目として真っ先に挙げられる賃貸料金は、まさに節約の王道と言っても過言ではありません。

     

    転職とともに行う事が良い契機かもしれませんが、前述のように転職によって収入が増えて、家賃を抑える事が出来れば可処分所得がさらに増える事になりますので、風呂無しトイレ共通木造アパートの線路沿い物件という"超"が付くほどの貧乏人物件を選択しました。

     

    約2年ほど住みましたが、滞納していた年金や保険料、住民税をすべて完済する事が出来ましたし、貯金も三ケタを超えるなど、多少我慢を強いられることは当然ですが、それよりも見返りと言いますか、効果の方が断然大きかったのが正直な感想です。

今の破たんした生活を維持するための金策としてショッピング枠現金化を行うよりも、一度手に入れた生活環境を手放すことは勇気がいる決断ですが、思い切って生活レベルを落とすと180°人生が変わる経験をした私が言うのですから是非取り組んでいただきたいです。

続きを読む≫ 2015/10/19 10:01:19