ショッピング枠現金化口コミ.net

ショッピング枠現金化の口コミとは?

ショッピング枠現金化の口コミを考える

 

『口コミ』とは口コミュニケーションの略語で、マスコミュニケーションのマスコミとは違い、その名の通り口、つまり人との会話で伝わる情報のことです。

 

いわゆる評判と同じことですが、昔からのアナログな口コミだと、直接人から話を聞くか、ユーザー視点のお店の評判が書いてある雑誌などで口コミが広まるという形が主流でした。

 

ショッピング枠現金化にも昔から口コミが存在しましたが、インターネットが発展する前では、そもそもショッピング枠現金化という金策が人から人へと伝わったと考えられ、しかしあくまでアナログな口コミはそこまで拡散力も強くなく、ショッピング枠現金化という金策はそれこそ知る人ぞ知るという金策でした。

 

しかし、インターネットが発達すると、ネット上での口コミが主流になり、アナログな方法とは違いその拡散力や伝播スピードなどが強力になったために、ショッピング枠現金化という金策自体の情報だけではなく、ショッピング枠現金化業者を評価し比較する際の1つの判断材料にまでになりました。

 

ショッピング枠現金化の口コミがなぜ判断材料にされるかというと、ショッピング枠現金化業者には悪徳業者と呼ばれる存在があるためです。

 

ショッピング枠現金化は法律違反ではないものの、クレジットカード会社から与えられたショッピング枠を無断で現金に換えるという、クレジットカード会社との規約違反行為に当たります。

 

なので、ショッピング枠現金化はいわゆるグレーゾーンな手法の金策とされているのですが、そのグレーな部分である利用者の弱みに付け込み悪質な取引を行う業者が悪徳業者と呼ばれます。

 

ショッピング枠現金化にはショッピング枠をどのくらいの率で現金に換えることができるか、という換金率というものがありますが、悪徳業者は取引をする際に嘘の換金率で利用者を誘ったり、異常に低い換金率での取引を強引に進めようとしたりします。

 

利用者が断ろうとすると、「ショッピング枠現金化をしていることをクレジットカード会社にばらす」など、利用者の弱みに付け込み逃げ道をふさぐのです。

 

クレジットカード会社にショッピング枠現金化をしていることがばれると、クレジットカードの利用停止や、支払残高が一括で請求が来たりと、利用者の都合の悪い結果を生んでしまいます。

 

そのため、このような悪徳業者に捕まらないためにも、ショッピング枠現金化の口コミは重宝されています。

 

また、ショッピング枠現金化業者を比較する際でも、口コミが利用されています。

 

ショッピング枠現金化業者の口コミは、換金率をはじめ、利用する際の流れや、実際に現金を手にできるまでどのくらいの時間がかかるか、接客態度はどうだったかなど、疑似体験に近い口コミ書かれており、実際に業者を利用しなくても口コミで情報を手に入れることができるために、その情報を元に業者を比較できるのです。

 

ショッピング枠現金化が初めてという人は、いきなり業者に申し込みをする、という人もいるかとは思いますが、ほとんどの人はまず初めてで不安がいっぱいになっている状態ではあるはずです。

 

そのため、ショッピング枠現金化についての情報を調べるとは思いますが、実際に業者を利用するとなると、申し込みをする時点で、名前や電話番号、メールアドレスなどの個人情報を渡すことになります。

 

ショッピング枠現金化をする際には申し込みをしないことには始まりませんが、何かと個人情報が流出しやすい時代ではありますので、少しでもリスクを回避できるように、申し込みをする事前に業者の口コミを確認しておくことはリスクを回避する1つの手段であるとはいえるでしょう。

 

ショッピング枠現金化業者の口コミはショッピング枠現金化の比較サイトなどにも掲載されており、その口コミから業者を判断する人も多いかと思います。

 

しかし、ショッピング枠現金化業者の口コミをなんでも鵜呑みにするのは危険な行為であり、それはショッピング枠現金化業者の口コミの中には自作自演の口コミが存在するからです。

 

普通、「ショッピング枠現金化を利用している」とは大声で言えることではなく、その口コミも匿名性が高いものであることは誰もが想像に付くことだと思いますが、匿名性が高いということは誰が書いた口コミかわからないということでもあります。

 

ショッピング枠現金化業者の自作自演の口コミと実際の利用者の口コミの違いは分かりにくく、また業者の自作自演の口コミの中には他社の悪評を書き、足を引っ張り合うショッピング枠現金化業者も存在するくらいです。

 

極端な例になると、ショッピング枠現金化業者の口コミが各比較サイトで真逆なことが書いてある、というようなこともあるくらいですが、要は必ずしもすべての口コミが正しいわけではないということです。

 

ショッピング枠現金化は利用者によって状況は千差万別、業者の対応も利用者によって千差万別であり、口コミ1つですべてがわかるものではありません。

 

ショッピング枠現金化の口コミはあくまで1つの判断材料に過ぎないということを確認した上で、最終的に業者を判断するのは自分自身だということを肝に銘じましょう。

 

口コミから厳選!ショッピング枠現金化優良業者をご紹介!

 

ギフトクレジットの強みとしては、長年の営業から利用者の数が多いということであり、その口コミの数も多いので安心して利用ができることでしょう。
ショッピング枠現金化業者の中には本当に入金されるのかですら怪しいところがありますが、ギフトクレジットではそのようなことは一切なく、それは悪い口コミがないということからもわかります。

 

ギフトクレジットの口コミ

 

  • ギフトクレジットさんには毎月給料日前にお世話になってますが、毎回電話してから5分で入金してもらって助かってます。
  • ご祝儀がどうしてもその日に必要で、即日でできたので本当に助かりました。
  • 他社だと即日の対応は換金率が下がるって話をされたけど、ギフトクレジットでは即日でも高い還元率だったよ。

ゴールドラッシュはキャンペーンを多く行っているショッピング枠現金化業者として口コミが多い業者であります。
換金率が高いことが強みのようですが、スタッフの対応の良さも口コミから伺うことができます。

 

ゴールドラッシュの口コミ

 

  • ゴールドラッシュは換金率高いけどカード止まったこともないしホントにおすすめ
  • ショッピング枠現金化に対して少し不安を感じていましたが、ゴールドラッシュさんのスタッフさんがとても丁寧に説明してくれたので安心して利用できました!
  • キャンペーンのときしか使わないからいやな客に思われてないか心配だけど(笑)まあ換金率が高いし接客も丁寧だしいいかな

 

 

現金化のらいふはショッピング枠現金化業者の中では比較的営業年数が短い業者ではありますが、今注目すべき業者であることは間違いありません。
どこよりも丁寧で早い対応を心がけているようで、口コミでも入金が早いという評判があります。
ショッピング枠現金化が初めてという場合は現金化のらいふで話を聞けばわかりやすいでしょう。

 

現金化のらいふの口コミ

 

  • 他社から乗り換えでキャンペーンしてるって話だったから電話してみたけど、そこらへんのお店なんかよりもすごく丁寧な接客でおどろいたわ。もちろん換金率も高かったし。
  • ショッピング枠現金化が初めてで何にもわからなかったのでいろんなところに電話してみましたが、らいふさんよりいいところはありませんでした。
  • 現金化のらいふで検索したら悪く書かれているところがありましたけど、実際に電話したら全く逆ですし、むしろでたらめなことを書いている比較サイトもあるんだと思ってそっちにびっくりしました。

 

 

 

ショッピング枠現金化マスターに俺はなる!?

 

「ショッピング枠現金化」と「ショッピング枠現金化」は同じ意味を持っており、略称として「ショッピング枠現金化」と呼ばれていたりしますが、業者を介して試みる事が基本とされ、その方法を大きく分けると2つの種類が存在します。

 

もちろん個人でも行う方法は有りますが、手間を考え得ると結局依頼するほうが簡単に実行できるのですが、どちらにせよ換金を達成する為の考え方は変わる事は有りませんので主な方法論についてご紹介致します。

  • キャッシュバック
  • キャッシュバックサービスが付いた商品を購入し、購入者に対して特典が支払われる。

     

  • 買い取り屋
  • 業者から指定された商品を購入し、業者に転売する形で買取代金を手に入れる。

与信枠に限ればいずれかの方法になる事が多いのですが、実は与信枠以外にも意外と身近なところで行われている取引が結果的に現金化に繋がることもあります。

  • ふるさと納税を利用する
  •  

    ふるさと納税にまつわる自治体サービスの特典を利用する方法で、特産品や温泉宿場の宿泊券、中には土地権も特典になるという話も挙がったほど白熱しており商品券や電子マネーを還元する自治体も存在します。

     

  • コンビニでAmazonギフト券などを購入してネットで転売する
  •  

    需要と供給が極めて高い水準で取引される商品券で高換金率・早く捌ける事で注目を集めており、換金市場が急成長中の産業となっていますが、逆に目立ち過ぎてあらゆる監視の目が付けられ始めているようなので、ハイリスクハイリターンの手段としてなるべく避けるべきという声も。

     

  • 大人数での支払いをまとめて幹事払い
  •  

    飲み会や食事で全員分の支払いを買って出て、支払いはクレジットカードで済ませるというメジャーな方法であり幹事の特権と言える水増し請求も可能で、自然な形で換金出来るので活用している方も多いのでは?

     

  • デパートの商品券、ビール券、ジェフグルメ券を金券ショップで売る
  •  

    1つ500円から1万円のものが約80%から98%強で換金出来る昔から存在する古典的な金策ですが、駅前など近くに金券ショップがあり、何かと使う予定の無い株主優待券や商品券が貯まってしまうという方はこの方法で難を逃れることが出来る可能性があります。

     

    ただし、今は新幹線の回数券を使った方法は厳しいようで、回数券を頻繁に買ったり大量に購入する場合はチェックが容赦の無いチェックが入ります。

     

  • スマートフォン2台を使う
  •  

    スマートフォン2台を使い、フリーマーケットアプリなどを利用して適当な商品を出品し、もう一台から購入を行うという方法です。

     

    家族のスマートフォンを使用する事も実質可能で、当然クレジットカード払いに対応しており換金が可能ですが、その後のトラブルを招くことが無いように、家族のスマートフォンを利用した際はインストールしたアプリは消去して証拠を消す必要があります。

近頃は業者の広告を目にする機会も増えていますが、個人でもリスクは当然ですがショッピング枠現金化を行う方法が露出されるようになっています。

ショッピング枠現金化業者を絞り込んでいくにあたっては、とにかく情報が必要ですが、その中でも特に重要なのがやはり実際に利用した方の口コミ情報です。

 

しかしながら、業者の口コミを鵜呑みにすることは危険であり、中には自作自演の口コミもあることから、内容を細かくチェックしていかなければいけません。

 

何を持って優良、悪徳と言っているのか

 

ショッピング枠現金化業者の口コミにおいては、その人が何を持って優良としているのか、何を持って悪徳としているのかを見ていきましょう。

 

細かいことを書いておらず、「ここは優良です」「ここは悪徳です」だけの口コミではほとんど役には立ちません。

 

どのような状況でそのショッピング枠現金化業者を利用してどのような対応をしてもらったのか、どういう条件の中で最終的にはどういう結果になったのか・・・こういったところを記載してくれている口コミを見ていきましょう。

 

口コミの書き方は人それぞれではありますが、やはり自分が何かを選ぶ立場になったときには利用した詳細を細かく書いてくれている口コミのほうが役に立つものです。

 

ひとりひとり受け取り方が違うからこそおかしな口コミも出てくる

 

口コミの中には、ハッキリ言ってクレーマーレベルのものもあり、「自分では絶対に90%の換金率に行くと思ってたのに80%の換金率だった!ここは悪徳業者だ!」など、こういう口コミがあったとして、これは言うまでもなく口コミを書いた人に問題があります。

 

要は受け取り方の問題ですが、逆に、「換金率は50%以下だったけど、問い合わせのときの言葉遣いが綺麗だったからここは優良です」といった口コミも、当然問題ありということになってくるでしょう。

 

基本的に利用者にはそれぞれの考え方がありますし、受け取り方も違いますので、だからこそ、客観的に見たときに絶対おかしい口コミというのも出てくるはずです。

 

言うまでもなく、そういう口コミは参考にしてはいけません、もちろん、その口コミから業者をある程度分析することもできるかもしれませんが、普通とは大きくずれた受け取り方をしているという時点でその人の口コミというのは参考にならないでしょう。

 

むしろ、これからいろいろな口コミを見て判断していく中で、邪魔になってしまうかもしれませんので、おかしな口コミに関しては排除した上で、他の口コミをチェックするようにしましょう。

続きを読む≫ 2017/05/17 14:58:17 2017年05月

ショッピング枠現金化で一番還元率・換金率が高い商品を知っていますか?

 

何を隠そう、それは新幹線の回数券です。

 

ショッピング枠現金化で還元率・換金率をよくする、かつショッピング枠現金化業者を使わずに自分で行う方法は新幹線の回数券を使う方法です。

 

この方法のメリットは、何をおいても還元率・換金率が高いことで、その還元率・換金率たるや余裕の90%超、並みのショッピング枠現金化業者でこの数字を出せる業者はまず存在しません。

 

また、ショッピング枠現金化業者という、悪徳業者も存在するような業者に電話番号やメールアドレスなどの個人情報を渡さなくても、新幹線の回数券を使えば自分でショッピング枠現金化できるということもメリットです。

 

手順としては、まずクレジットカードで新幹線の回数券を買います。

 

この時購入する新幹線の区間は人気のある区間を選ばなくてはいけませんが、最も需要が多いのは東京〜新大阪の間の区間です。

 

おそらく出張などで頻繁に東京と大阪を行き来するビジネスマンにとって、少しでも安く新幹線に乗るために金券ショップでの需要も高いのでしょう。

 

さて、東京〜新大阪間の新幹線の回数券をクレジットカードで購入できたら、金券ショップに持っていきましょう。

 

還元率・換金率は余裕の90%超の価格で買い取ってくれるはずです。

 

これでめでたくショッピング枠現金化で還元率・換金率90%以上での取引ができました。

 

となればいいのですが、実際のところ、まずクレジットカードで新幹線の回数券が買えるかどうかが怪しいところでしょう。

 

なぜかというと、クレジットカード会社がショッピング枠現金化を防止するために、新幹線のチケットの購入に制限をかけていることが多いからです。

 

ショッピング枠現金化をするなら、誰でも還元率・換金率は高いほうがいいはずですが、みんながみんな新幹線の回数券をクレジットカードで買って売って・・・はしてないですよね?

 

換金性が高いということは、ショッピング枠現金化をしているのではないかとクレジットカード会社から疑われるからです。

 

例えばこんな話があります。

 

ショッピング枠現金化をするためにクレジットカードで東京〜新大阪間の新幹線の回数券を購入した人がいました。

 

その人は東北在住ですが、どうも東京や大阪でクレジットカードを使っている様子はありません。

 

クレジットカード会社はこの人がショッピング枠現金化のために新幹線の回数券を購入したとしてクレジットカードを利用停止にしました。

 

還元率・換金率が高い分リスクも高い、正に新幹線の回数券でのショッピング枠現金化は大博打であるでしょう。

続きを読む≫ 2017/03/31 17:52:31 2017年03月

人様のモノを勝手に拝借することはいけないことだということは誰しもが知っていることで、いけない、という倫理観的な話もそうですが、そもそも犯罪になる行為です。

 

例えそれが、後で返そうと思っていた、と抗弁を垂れても、勝手に持って行ったことに対しての罪から免れることはできません。

 


 

さて、これを踏まえた上で、ショッピング枠現金化を考えてみます。そもそも、クレジットカードのショッピング枠は誰のものでしょうか?

 

クレジットカードを発行してもらってショッピング枠を付与された、利用者の所有になるのでしょうか。

 

残念ながら違います。ショッピング枠はクレジットカード会社のものであり、利用者はあくまでそのショッピング枠を利用する権利があるというだけで、ショッピング枠を所有しているわけではありません。

 

では、ショッピング枠を利用して購入したものは誰のものでしょうか?実は、これもクレジットカード会社の所有物です。

 

クレジットカードで商品を購入すると、その商品の支払いはクレジットカード会社が立て替えてくれます。その支払いを分割やリボ払いでクレジットカード会社に行っていくわけですが、支払いが終わるまでは商品の所有権はクレジットカード会社にあります。

 


 

ショッピング枠はクレジットカード会社のものなので、利用方法にも制限を課すことができます。

 

ショッピング枠現金化は正に禁止されている利用方法で、利用規約にもしっかりと書いてあります。

 

冒頭で、人のモノを勝手に拝借してはいけないという話をしましたが、ショッピング枠現金化は勝手にクレジットカード会社のショッピング枠を現金に換えてしまっている行為になります。

 

これが発覚すると・・・はい、もちろんクレジットカードが利用停止になります。

 

ショッピング枠現金化をしていると認定されると、その支払いを一括で請求されます。

 

約束を破った人に対して、分割やリボ払いで〜なんて言われて、はいわかりましたというところはありません。

 

ましてやちゃんと支払いはするつもりだった、といっても、勝手に現金にしたこと自体が咎められているので、そんな子どものような言い訳が通用するはずがありません。

 


 

ここで注目したいのは、現金に換えていることが発覚すると、というところです。

 

通常のショッピングとしてクレジットカードを使うのであれば何の問題もなく、支払いもしっかりとすればいいだけです。

 

ショッピング枠現金化は支払いが終わるまで、ということを肝に銘じておきましょう。

続きを読む≫ 2017/03/22 17:25:22 2017年03月

俺、未成年だけどショッピング枠現金化できますか?と換金する事に対して前向きな若年者は意外に多いのか、各比較サイトでは未成年に向けたタイトルで記事を書いてあるケースが最近増えています。

 

単純に未成年でも利用できるショッピング枠現金化業者を紹介するという流れでは無く、未成年をショッピング枠現金化業者に申し込みをさせないという内容が中心です。

 

なぜ、このような傾向が続いているのかと言いますと、キュレーションした限りでは悪徳業者だけでなく、悪徳比較サイトが顕著になってきていると言います。

 

なぜ未成年を食い物にしているのか、その背景について探ってみました。

 

広告単価が高値

 

これはショッピング枠現金化業界の相場として、集客をしてもらう為に広告主に支払いをする報酬額が1件当たり数万円単位となっているからです。

 

しかも、申し込みをした人が利用した、しないに関わらず、その比較サイトを経由して申込をさせただけで諭吉さんが手に入る仕組みになっていることから、換金のメリットデメリットの紹介が疎かになり、単純に申し込みさせようという強引な作りこみがよく見られます。

 

集客される場所ば少ない

 

社会的に認められていない背景がありますから、ショッピング枠現金化を知るキッカケの多くはWEBになっていることが現実です。

 

しかもそのメディアは複数サイト運営していることが多く、質の良い利用者も質の悪い利用者も同じ広告コードで管理されているためか、メディアから掲載を下ろされたくないために業者側が我慢している傾向があります。

 

アクセスを集めるコンテンツ目的

 

本来であれば未成年は利用できないはずなのに、利用できるような誤解を与えかねない記事タイトルをつけてアクセスを集めているようです。

 

これは記事にアクセスが集まると、その内容が評価されていると検索エンジンが認識して検索順位の優遇を受けやすくなるという事があるようで、未成年でも可能なショッピング枠現金化があるかのように書いておきながら実際には無いという内容も目立ちます。

 

未成年は利用できないとする記事は優良比較サイトの証
このように悪徳業者は換金を業とするものだけでなく、情報を発信する者も含まれていることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

媒体が少ないから好き勝手やっていいと考える管理者たちも、アルゴリズムの変動でまともに更新しなければメディアの価値はだだ下がりになるのがこれからのメディアです。

 

質の良い未成年とショッピング枠現金化の関連記事、ご参考にどうぞ。

 

我々利用者も質の良い比較サイトを閲覧することで、必然的にそのような悪徳比較サイトを見抜く術が身に付くはずです。

続きを読む≫ 2017/03/22 16:17:22 2017年02月

Yahooの検索で『ショッピング枠現金』まで入力すると、予測の検索ワードに『ショッピング枠現金 935』と出てきませんか?

 

『ショッピング枠現金』と『935』の謎の組み合わせ・・・これは事件のにおいが・・・しませんね。

 

予測の検索ワードは「サジェスト」と呼ばれ、検索ワードに対して関連が深そうな単語を予測して表示してくれる機能を指します。

 

例えば、『彼氏』と検索すると、サジェストには『彼氏 プレゼント』『彼氏 誕生日』など、検索ワードに関連が深い、誰もが検索しやすいワードが付随して表示されますね。うらやましい彼氏です。

 

これを『ショッピング枠現金』で検索すると、『ショッピング枠現金 935』。何か深い関連があるのでしょうか。残念ながら全く関係ありません。なぜこのような表示がでるのかというと、このサジェスト機能は人為的に操作ができる方法があるからです。

 

これはいわゆる「サジェスト汚染」と呼ばれるもので、『ショッピング枠現金 935』というサジェストを表示させるようにありとあらゆるサイトでこのワードを仕掛け、サジェストに表示させるようにするのです。「虫眼鏡SEO」とも呼ばれますが、サジェスト機能を使って特定のワードを表示させ、そのワードを対策してあるホームページを上位表示させ訪問させるという手口です。

 

例えばですが、詐欺サイトを作ったとしても、作っただけでは誰も詐欺にはひっかかりません。見る人が誰もいないからです。その詐欺サイトを特定のキーワードで上位表示させたかったら、そのキーワードで対策しなければなりません。例えば、『お金』とか。確かにお金で検索する人はたくさんいそうですが、いまいち『お金』だけでは上位表示は狙えません。
そこで、『お金 935』だったらどうでしょう。この検索結果で上位表示させるようにするのは『お金』だけよりも簡単です。しかし、誰もこんなワードを検索しないでしょう。しかし、サジェスト機能で表示されていたとしたらどうでしょうか。一見謎の組み合わせになっているので、気になる人はサジェストをクリックしてしまうかもしれません。

 

例えが詐欺サイトのことなのでサジェスト機能に対して少し印象が悪くなってしまったかもしれませんが、『ショッピング枠現金 935』は明らかにショッピング枠現金化のサイトが人為的に作ったサジェストであると考えられます。

 

サジェスト機能は検索をするユーザーにより便利に検索をしてもらうための機能です。サジェスト汚染は健全なウェブサービスを阻害する悪質な行為であることは間違いありません。

続きを読む≫ 2017/03/03 15:48:03 2017年03月