ショッピング枠現金化口コミ.net

ショッピング枠現金化マスターに俺はなる!?

「ショッピング枠現金化」と「ショッピング枠現金化」は同じ意味を持っており、略称として「ショッピング枠現金化」と呼ばれていたりしますが、業者を介して試みる事が基本とされ、その方法を大きく分けると2つの種類が存在します。

 

もちろん個人でも行う方法は有りますが、手間を考え得ると結局依頼するほうが簡単に実行できるのですが、どちらにせよ換金を達成する為の考え方は変わる事は有りませんので主な方法論についてご紹介致します。

  • キャッシュバック
  • キャッシュバックサービスが付いた商品を購入し、購入者に対して特典が支払われる。

     

  • 買い取り屋
  • 業者から指定された商品を購入し、業者に転売する形で買取代金を手に入れる。

与信枠に限ればいずれかの方法になる事が多いのですが、実は与信枠以外にも意外と身近なところで行われている取引が結果的に現金化に繋がることもあります。

  • ふるさと納税を利用する
  •  

    ふるさと納税にまつわる自治体サービスの特典を利用する方法で、特産品や温泉宿場の宿泊券、中には土地権も特典になるという話も挙がったほど白熱しており商品券や電子マネーを還元する自治体も存在します。

     

  • コンビニでAmazonギフト券などを購入してネットで転売する
  •  

    需要と供給が極めて高い水準で取引される商品券で高換金率・早く捌ける事で注目を集めており、換金市場が急成長中の産業となっていますが、逆に目立ち過ぎてあらゆる監視の目が付けられ始めているようなので、ハイリスクハイリターンの手段としてなるべく避けるべきという声も。

     

  • 大人数での支払いをまとめて幹事払い
  •  

    飲み会や食事で全員分の支払いを買って出て、支払いはクレジットカードで済ませるというメジャーな方法であり幹事の特権と言える水増し請求も可能で、自然な形で換金出来るので活用している方も多いのでは?

     

  • デパートの商品券、ビール券、ジェフグルメ券を金券ショップで売る
  •  

    1つ500円から1万円のものが約80%から98%強で換金出来る昔から存在する古典的な金策ですが、駅前など近くに金券ショップがあり、何かと使う予定の無い株主優待券や商品券が貯まってしまうという方はこの方法で難を逃れることが出来る可能性があります。

     

    ただし、今は新幹線の回数券を使った方法は厳しいようで、回数券を頻繁に買ったり大量に購入する場合はチェックが容赦の無いチェックが入ります。

     

  • スマートフォン2台を使う
  •  

    スマートフォン2台を使い、フリーマーケットアプリなどを利用して適当な商品を出品し、もう一台から購入を行うという方法です。

     

    家族のスマートフォンを使用する事も実質可能で、当然クレジットカード払いに対応しており換金が可能ですが、その後のトラブルを招くことが無いように、家族のスマートフォンを利用した際はインストールしたアプリは消去して証拠を消す必要があります。

近頃は業者の広告を目にする機会も増えていますが、個人でもリスクは当然ですがショッピング枠現金化を行う方法が露出されるようになっています。

人様のモノを勝手に拝借することはいけないことだということは誰しもが知っていることで、いけない、という倫理観的な話もそうですが、そもそも犯罪になる行為です。

 

例えそれが、後で返そうと思っていた、と抗弁を垂れても、勝手に持って行ったことに対しての罪から免れることはできません。

 


 

さて、これを踏まえた上で、ショッピング枠現金化を考えてみます。そもそも、クレジットカードのショッピング枠は誰のものでしょうか?

 

クレジットカードを発行してもらってショッピング枠を付与された、利用者の所有になるのでしょうか。

 

残念ながら違います。ショッピング枠はクレジットカード会社のものであり、利用者はあくまでそのショッピング枠を利用する権利があるというだけで、ショッピング枠を所有しているわけではありません。

 

では、ショッピング枠を利用して購入したものは誰のものでしょうか?実は、これもクレジットカード会社の所有物です。

 

クレジットカードで商品を購入すると、その商品の支払いはクレジットカード会社が立て替えてくれます。その支払いを分割やリボ払いでクレジットカード会社に行っていくわけですが、支払いが終わるまでは商品の所有権はクレジットカード会社にあります。

 


 

ショッピング枠はクレジットカード会社のものなので、利用方法にも制限を課すことができます。

 

ショッピング枠現金化は正に禁止されている利用方法で、利用規約にもしっかりと書いてあります。

 

冒頭で、人のモノを勝手に拝借してはいけないという話をしましたが、ショッピング枠現金化は勝手にクレジットカード会社のショッピング枠を現金に換えてしまっている行為になります。

 

これが発覚すると・・・はい、もちろんクレジットカードが利用停止になります。

 

ショッピング枠現金化をしていると認定されると、その支払いを一括で請求されます。

 

約束を破った人に対して、分割やリボ払いで〜なんて言われて、はいわかりましたというところはありません。

 

ましてやちゃんと支払いはするつもりだった、といっても、勝手に現金にしたこと自体が咎められているので、そんな子どものような言い訳が通用するはずがありません。

 


 

ここで注目したいのは、現金に換えていることが発覚すると、というところです。

 

通常のショッピングとしてクレジットカードを使うのであれば何の問題もなく、支払いもしっかりとすればいいだけです。

 

ショッピング枠現金化は支払いが終わるまで、ということを肝に銘じておきましょう。

続きを読む≫ 2017/03/22 17:25:22 2017年03月

俺、未成年だけどショッピング枠現金化できますか?と換金する事に対して前向きな若年者は意外に多いのか、各比較サイトでは未成年に向けたタイトルで記事を書いてあるケースが最近増えています。

 

単純に未成年でも利用できるショッピング枠現金化業者を紹介するという流れでは無く、未成年をショッピング枠現金化業者に申し込みをさせないという内容が中心です。

 

なぜ、このような傾向が続いているのかと言いますと、キュレーションした限りでは悪徳業者だけでなく、悪徳比較サイトが顕著になってきていると言います。

 

なぜ未成年を食い物にしているのか、その背景について探ってみました。

 

広告単価が高値

 

これはショッピング枠現金化業界の相場として、集客をしてもらう為に広告主に支払いをする報酬額が1件当たり数万円単位となっているからです。

 

しかも、申し込みをした人が利用した、しないに関わらず、その比較サイトを経由して申込をさせただけで諭吉さんが手に入る仕組みになっていることから、換金のメリットデメリットの紹介が疎かになり、単純に申し込みさせようという強引な作りこみがよく見られます。

 

集客される場所ば少ない

 

社会的に認められていない背景がありますから、ショッピング枠現金化を知るキッカケの多くはWEBになっていることが現実です。

 

しかもそのメディアは複数サイト運営していることが多く、質の良い利用者も質の悪い利用者も同じ広告コードで管理されているためか、メディアから掲載を下ろされたくないために業者側が我慢している傾向があります。

 

アクセスを集めるコンテンツ目的

 

本来であれば未成年は利用できないはずなのに、利用できるような誤解を与えかねない記事タイトルをつけてアクセスを集めているようです。

 

これは記事にアクセスが集まると、その内容が評価されていると検索エンジンが認識して検索順位の優遇を受けやすくなるという事があるようで、未成年でも可能なショッピング枠現金化があるかのように書いておきながら実際には無いという内容も目立ちます。

 

未成年は利用できないとする記事は優良比較サイトの証
このように悪徳業者は換金を業とするものだけでなく、情報を発信する者も含まれていることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

媒体が少ないから好き勝手やっていいと考える管理者たちも、アルゴリズムの変動でまともに更新しなければメディアの価値はだだ下がりになるのがこれからのメディアです。

 

質の良い未成年とショッピング枠現金化の関連記事、ご参考にどうぞ。

 

我々利用者も質の良い比較サイトを閲覧することで、必然的にそのような悪徳比較サイトを見抜く術が身に付くはずです。

続きを読む≫ 2017/03/22 16:17:22 2017年02月

Yahooの検索で『ショッピング枠現金』まで入力すると、予測の検索ワードに『ショッピング枠現金 935』と出てきませんか?

 

『ショッピング枠現金』と『935』の謎の組み合わせ・・・これは事件のにおいが・・・しませんね。

 

予測の検索ワードは「サジェスト」と呼ばれ、検索ワードに対して関連が深そうな単語を予測して表示してくれる機能を指します。

 

例えば、『彼氏』と検索すると、サジェストには『彼氏 プレゼント』『彼氏 誕生日』など、検索ワードに関連が深い、誰もが検索しやすいワードが付随して表示されますね。うらやましい彼氏です。

 

これを『ショッピング枠現金』で検索すると、『ショッピング枠現金 935』。何か深い関連があるのでしょうか。残念ながら全く関係ありません。なぜこのような表示がでるのかというと、このサジェスト機能は人為的に操作ができる方法があるからです。

 

これはいわゆる「サジェスト汚染」と呼ばれるもので、『ショッピング枠現金 935』というサジェストを表示させるようにありとあらゆるサイトでこのワードを仕掛け、サジェストに表示させるようにするのです。「虫眼鏡SEO」とも呼ばれますが、サジェスト機能を使って特定のワードを表示させ、そのワードを対策してあるホームページを上位表示させ訪問させるという手口です。

 

例えばですが、詐欺サイトを作ったとしても、作っただけでは誰も詐欺にはひっかかりません。見る人が誰もいないからです。その詐欺サイトを特定のキーワードで上位表示させたかったら、そのキーワードで対策しなければなりません。例えば、『お金』とか。確かにお金で検索する人はたくさんいそうですが、いまいち『お金』だけでは上位表示は狙えません。
そこで、『お金 935』だったらどうでしょう。この検索結果で上位表示させるようにするのは『お金』だけよりも簡単です。しかし、誰もこんなワードを検索しないでしょう。しかし、サジェスト機能で表示されていたとしたらどうでしょうか。一見謎の組み合わせになっているので、気になる人はサジェストをクリックしてしまうかもしれません。

 

例えが詐欺サイトのことなのでサジェスト機能に対して少し印象が悪くなってしまったかもしれませんが、『ショッピング枠現金 935』は明らかにショッピング枠現金化のサイトが人為的に作ったサジェストであると考えられます。

 

サジェスト機能は検索をするユーザーにより便利に検索をしてもらうための機能です。サジェスト汚染は健全なウェブサービスを阻害する悪質な行為であることは間違いありません。

続きを読む≫ 2017/03/03 15:48:03 2017年03月

ショッピング枠現金化で利用できるカードは通常のカードでもいいとは思いますが、ゴールドカードを持っている場合、どんなメリットがあるのでしょうか?ゴールドカードは、昔よりもはるかに浸透していて、手に入れやすくなっています。取得までのハードルも低くなっています。そんなゴールドカードとこの金策に関するお話です。

 

ゴールドカードでも実はウェルカムな対応

 

クレジットカードは通常のカードを持てば、年会費も無料です。年齢条件をクリアしていれば、学生や主婦など仕事をしていない人でも簡単に作れるようになっています。今の時代は、たとえ少額利用でもクレジットカードで決済する機会が増えています。年会費や月額課金のアプリ、サービス、携帯代金、通信料、電気代、ガス代もカード決済にできます。こうした日常の生活や公共料金の支払いに必要なタイプのカードはすぐに発行されるようになっています。その代わり利用限度額も50万円以下になっていることが多く、高額商品を買うことは難しくなっています。

 

ゴールドカードに切り替えるのがオススメ

学生や20代の頃からクレジットカードを普通に使ってきた人は、その利用方法もよくわかっています。毎日使用し、毎月の返済もきちんと滞りなく行っていると、いつの間にか信用度も上がっています。カード会社より、ゴールドカードに切り替えませんか?という案内が来たら、そろそろゴールドカードに切り替えても問題ないということです。
ところが、今まで無料で利用できたカードが、ゴールドカードに切り替えた途端、年会費が1万円以上かかることがあります。決済機能はそのままですが、利用限度額が200万円以上になったり、キャッシング枠も拡大されます。それだけ信用があって、収入もあると認められているということになります。利用機会が多いと、ショッピング枠現金化も簡単に出来るようになります。
つまり、ゴールドカードでも通常のクレジットカードと同じように現金化が可能だということです。

 

ショッピング枠現金化に特化した比較サイト

 

年会費に見合ったサービスに魅力を感じるかどうかがポイント

ゴールドカードになると、ほぼ確実に年会費がかかってきます。しかし、それだけカードに付帯するサービスが増えているはずです。先ほどもお伝えしたように利用限度額が大幅にアップします。高額の現金を手にするのも簡単になります。
付帯するサービスでは、旅行傷害保険の保険金額がアップしています。また、空港ラウンジサービスや誕生日サービス、飲食店や高級ホテルなどの利用では、よりグレードの高いサービスを受けることができます。
ゴールドカードは、クレジットカードにステイタス性を求める人に人気があります。

 

用法容量は守ってね!

年会費も高く、所有者の属性も高いゴールドカードですが、ショッピング枠現金化では、国際ブランドのJCBとAMEXが使えないケースが多いようです。同じゴールドカードでも最初から使えない国際ブランドもありますので、注意してください。

続きを読む≫ 2016/12/07 15:50:07 2016年12月

最近はショッピング枠現金化をする機会は総じて減っているのではないでしょうか?改正貸金業法の施行が年月の経過とともに債務者を減らすという目に見えた効果が実証されているからです。

 

金策に奔走する方々の絶対数が下がると、その中でクレジットカードを所有し残高もあるという限られた条件を満たす者しか利用が出来ない"ショッピング枠現金化"も、利用する人の数が減れば業を営む者にとって利益という旨みが生まれなくなるからです。

 

さらには少し時が経過しておりますが、各メディアに対してショッピング枠現金化に関する掲載規制の呼びかけが有ったことも事実で、それより各マスメディアやネット広告を含めて、露出はかなり無くなってきています。

 

この傾向がこれからも続きますと、自然で見込み客の絶対数が減っていきますので業界全体の縮小・・・自ずと閉店に追い込まれるはずです。

 

さらにこの業界で最も集客力のあるメディアはSEOと言われており、掲載するメディア媒体が無くなっている、つまりサービスを知らない人たちに認知してもらう事は不可能であり、既に知っている人たちを取り込むことが一番簡単で効果があるという見方から、SEO対策されている様子が確認出来ます。

 

しかし、当然このような商法をプッシュする業者はいないのか、ブラックハットと呼ばれる中身に全く関連性が見えない被リンクをべたべたと張っている様子で、中には比較サイトの広告枠を押さえて結果的に対策になっているという戦略を取っている業者もあるようです。

 

それでも検索結果に表示される件数には限りが有りますから、上位表示されている比較サイトに掲載されていない業者は既に廃業をしている様子もあり、熾烈な争いとなっているようです。

 

こうした背景がAmazonギフト券という新たな媒介物へのシフトチェンジの要因とも考えられ、これを換金する仕組みにする事によりリスティング出稿の掲載可否が通りやすく、掲載メディアからもショッピング枠現金化に対するイメージを緩和させる事が出来るのか、あらゆるところでAmazonギフト券現金化の広告を見る機会が逆に増えてきています。

 

こうした背景のバックボーンにあるとされている換金市場の存在も日に日に強靭な体制になってきており、先駆者はなんと六本木ヒルズにオフィスを構え、テレビCMを流すまでに成長しています。

 

その利益がどのような事情から生まれているかと申しますと、あらゆる詐欺の決済手段としても用いられている事が社会問題化しておりますので、今現在は法の網目を掻い潜っているとしても事の大きさが重大だけに時間の問題と言えそうです。

続きを読む≫ 2015/11/16 17:57:16 2015年11月